沖縄を安心・安全・豊かに

世代交代、そして沖縄経済の再生

  • ● コンクリート建物減価償却の大幅短縮
  • ● コンテンツパーク創設・専門機関による人材育成の一大産業化を実現
  • ● 観光振興&観光人材育成
  • ● IT情報産業の推進3,500億円
  • ● アジア最大の環境保全s型公園の整備
  • ● 高度先端医療の拠点整備
  • ● 日本初!地産地消エネルギー政策実現

アジア、海外、県外から注目される沖縄の経済を活性化させます。

沖縄の成長率
全国1位の1.07%

東京、神奈川などをおさえ、沖縄は全国一の成長率をほこります。(日本経済研究所センター調べ)

そんな沖縄の経済成長を加速させること、「チェンジ沖縄」により
雇用をつくる!
収入をあげる!
ウチナーンチュを安心・安全・豊かにします。

【デフレの脱却、財政出動と金融緩和】

デフレ脱却にむけて、短期(5~10年)での財政出動を行い、日本銀行の金融緩和により、農業、医療、教育、エネルギー、情報通信、運輸などへの投資を活性化させ、経済を成長させます。

【沖縄経済振興】

沖縄県の独特の風土や気候のため、塩害と台風に強いコンクリート住宅が多いことを踏まえ、コンクリート建物の減価償却を大幅短縮します。

世界から日本のコンテンツが注目される今日、沖縄の芸能はもちろん、国内外のコンテンツが一大集積するコンテンツパークを整備し、県民はもちろん、県外海外観光客の誘客や、観光人材の育成をはかります。また、沖縄県の産業振興計画にもある情報産業、IT、知的産業を3,500億円規模まで成長させます。

第2選挙区では、嘉手納以南の在沖米軍基地施設の先行返還により、普天間飛行場を加えると1,435ヘクタール(東京ドーム307個)もの広大な一等地が出現します。この土地の有効活用により、人にやさしい社会の実現を目指すべく、環境保全型公園の整備にあわせ、教育機関の誘致と人材育成、高度先端医療機関の集積を進めていきます。また、沖縄近海で確認された約92億立方メートルの天然ガスを活用し、他都道府県に先駆けて地産地消でクリーンなエネルギーを使用する仕組みをつくります。