より安心できる沖縄へ

老若男女笑顔の島をつくる

沖縄県は、「子どもの貧困」だけでなく、社会福祉や所得分配の面でいくつもの課題に直面しています。また、全国一低い高齢化率も、まもなく深刻な局面を迎えます。こうした課題をひとつひとつ着実に解決し、全世代が、より安心して暮らせる沖縄をつくるために、ミヤザキ政久は以下の政策を実行します。
◎待機児童対策の強化
保育園の認可や保育士の待遇や育成に関わる制度や運用を見直し、東京に次いで全国で2番目に多い待機児童数を確実に減らします。
◎在宅医療サービスの改善
介護負担の軽減を考えながら在宅医療の質を充実し、「在宅死全国最低・病院死全国最高」の現状を改善するとともに、「長寿と健康の島」を取り戻すための政策を実施します。
◎沖縄流働き方改革の実現
「非正規労働者率全国一」をマイナスに捉えるのではなく、労使双方にとってメリットのある「同一労働同一賃金」を徹底することによって、柔軟な働き方と生き生きした働き方を両立させます。