より豊かな沖縄へ

成長産業を育てる

観光産業を中心に好調な沖縄経済ですが、その足腰はまだ強いとはいえません。好調な今だからこそ、県内産業を保護する政策から県内産業を成長させる政策に転換し、経済の足腰を強化する必要があります。雇用の安定や社会保障の充実も経済の足腰の強弱にかかっています。より豊かな沖縄を実現するために、ミヤザキ政久は以下の政策を実行します。
◎沖縄振興計画のリデザイン
過去の沖縄振興計画をくまなく点検し、成長をより促進する新たな振興計画をつくります。
◎エンターテインメント型観光立県の実現
観光産業をいっそう強化するため、沖縄最大の財産である自然も最大限に生かしながら、IT技術も活用した独自の「エンターテインメント型観光立県」を目指します。
◎自立・自給型エネルギー政策の追求
大気や海を汚さないエネルギー供給体制を強化し、災害時にも平時と変わらぬ電力供給、情報通信を確立するために、無電柱化地域比率を全国トップレベルの5%以上に引き上げます。
◎100年先を見据えた基地跡地利用計画の策定
普天間飛行場やキャンプキンザーなどの返還にあたり、型どおりの跡地利用計画ではなく、環境と観光と防災に配慮しながら、100年先の沖縄県民まで歓びを分かち合えるような、大胆な跡地利用計画をつくります。