政治理念

普天間飛行場返還

戦後71年間、市街地の中心にあって「世界一危険な基地」と呼ばれた普天間飛行場の返還

を実現し、私たちの世代で市街地の上空をヘリが飛び交う生活を終わりにしなければなり

ません。子供たちが騒音に悩まされることなく元気いっぱいに笑顔で暮らせるよう、子育

て世代の責任として返還を実現します。

子育て・福祉

私も中学生、高校生、大学生の子供を育てる子育て現役世代です。子育て環境を整備し、

誰もが安心して子供を産み育てることができる社会を作ります。沖縄県は人口あたりの待

機児童数が全国一、全国平均の7倍であり、2位の東京の2倍であります。認可保育園が少

なく認可外保育施設が過半を占めるなど、本土とまったく異なる保育環境にあり、これを

是正するために全力で頑張っています。

地位協定

地位協定の改定は絶対に必要です。

1952年、日本がサンフランシスコ講和條約を締結する前、つまり我が国が占領下で締結さ

れた日米行政協定をひきついで締結されたのが現在の日米地位協定です。その当時と現在

とでは、我が国の立場、日米両国の相互理解やその関係、周辺の安全保障環境、何もかも

が変わりました。これに合わせて我が国が自国の安全を確保するために主体的に検討すべ

きことの一つが地位協定の改定です。そしてこれは沖縄県民の悲願でもあります。地位協

定の改定実現まで私は強く取り組みます。