琉球新報社に対する抗議文について

 貴紙は、令和2年1月9日付けの紙面において、「14年に紺野容疑者代理人 宮崎議員、発言食い違い」との題した記事を掲載し、私と紺野昌彦氏との関係に関する説明があたかも「虚偽」であるかのように結論付けており、ここに厳重に抗議する。  最初に、私と紺野氏との関係であるが、1月7日の取材を受けた際に回答したとおり、2012年(平成24年)以降、紺野氏との付合いは一切ないことを改めて申し述べておく。 私が...

続きを見る

女性セブンの記事について厳重に抗議しました。

女性セブンという雑誌に掲載された記事について、同誌に厳重抗議したことをご報告します。  令和元年12月5日に発売された女性セブン「今井絵理子内閣府政務官『沖縄半グレグループ』疑惑男性とガッツポーズ写真」と題した記事中に、あたかも私がいわゆる半グレグループのリーダーと交際しているかのような記載があります。  当該男性が、私が所属する法律事務所で受任した事件の依頼人であることは事実ですが、事件は不起訴...

続きを見る

法務委員長解任決議案、宮崎政久による民進党・階議員に対するブーメラン返しが命 中!!!

平成29年5月9日、民進党から提出された鈴木淳司法務委員長解任決議案に対し、 自由民主党を代表して、断固反対の立場から反対の討論を行いました。 民進党による理不尽な要求には到底応じることはできません。

続きを見る

平成28年4月27日 内閣委員会

国連の自由権規約委員会、人種差別撤廃条約委員会から、2008年から累次に亘って日 本政府に対して「沖縄県民は先住民族である」とする勧告が出されている問題を、国会で初めて取り上げました。 当事者である沖縄県民も殆んど知らないまま進められてきたこの問題は、沖縄でも徐々に認識されつつあり、昨年12月には豊見城市議会でも 「国連各委員会の「沖縄県民は日本の先住民族」という認識を改め、勧告の撤回を求める決議...

続きを見る