沖縄のためにハタラク

  • HOME
  • 投稿者: miyazakirin

2021年3月 暮らしを支える!コロナ対策に全力投球!

コロナの影響で観光客が激減した沖縄。今はみんな苦しい。
でも、この先、地元の我々も、観光の人も街中で楽しみ、子供たちも走り回って、笑い声が響き合うそんな日常と賑わいを沖縄に取り戻したい。
その一助になろうと衆議院予算委員会第7分科会でコロナ対策に関する質疑に立ちました。
観光客が激減した沖縄観光の窮状を訴えるとともに、幅広い事業者を支援するための一時支援金が沖縄の事業者も適用対象となり得ることを梶山弘志経済産業大臣に確認しました。その上で、一時支援金の申請に当たっては、政府の統計資料を活用できること、経済効果が出るまでの間、積極的に金融支援によって県内事業者を支えることなど、沖縄経済の再生に向けて梶山経産大臣から答弁を取りました。
お困りごとがございましたら、お気軽にご連絡ください。県民の暮らしがイチバン。コロナ対策に全力を尽くします!

2021年3月 地元の皆様の声が形になりました!ライブカメラを設置

小中学校の通学路にもなっている国道329号西原町の小那覇交差点(サンエー西原シティ前)は水はけが悪く、大雨時には冠水してしまうため、迂回したり、時には子供たちが冠水する交差点を通学せざるを得ないこともありました。県の河川改修工事が完了して不便が解消されるにはまだ時間を要する状況です。
「大雨時に自宅から交差点の状況を確認出来るようにしてほしい。」
昨年8月、西原町小那覇自治会・嘉手刈自治会をはじめ地域の皆様から切実なご要望をいただき、国土交通省、内閣府と折衝を続けた結果、小那覇交差点、久場交差点をはじめ県内5交差点にライブカメラを設置することができました。
内閣府沖縄総合事務局南部国道事務所のホームページでいつでも、どこからでも交差点の状況を確認できます。
皆様の声が形になりました。これからもご要望をお寄せください。

2021年3月 交通事故を防ぎたい

西原町美咲・兼久地区には側道から国道329号選への進入が難しく、しばしば事故が発生する箇所があります。地元の屋比久満西原町議、美咲区自治会米城会長から国道に「譲り合い地帯」の表示ができないかと陳情をいただきました。
現場で確認すると、確かに改良の余地を感じました。
交通事故を防いで県民の命を守るため、国土交通省渡航焼酎。早速動いています!

2021年3月 沖縄の大学に薬学部を

沖縄は、人口あたりの薬剤師数が全国最下位。
「県内の大学に薬学部を設置して、地元で人材育成を図り、県民の健康にもさらに貢献したい」そんな思いから、予算委員会分科会で、この問題を質疑に取り上げました。
地元からの力強い要請が後押しとなります。
この日は、自民党選挙区支部長4名と沖縄県薬剤師会役員の皆様とこの問題で意見交換を行いました。

2021年3月 差別偏見を許さない

このテーマで法務委員会の質疑を行いました。
ハンセン病問題、部落差別問題を取り上げ、差別偏見を防止する法律ができただけでは解消されず、根気強く地道な活動が必要であることを訴えました。
その人の努力ではどうしようもない病気や境遇、出身地を取り上げ、人を差別し、偏見を持つことは最低の人間のすること。絶対に許せません。
質疑終了の時には、与野党の皆さんから大きな拍手や激励も頂き、少し気恥ずかしい思いもしました。
心を込めた30分の質疑でした。